転職のために40代で人生初TOEIC受験して800点超えした私の勉強法

こんにちは。

 

このページでは、40代男性の私が、人生初TOEICを受験して800点を超えた勉強法についてお話ししたいと思います。
ということで、まず私のスペックから・・・

  • 英語運用能力の試験と言えば、20代のころに英検を受けたくらい
  • TOEIC受験のきっかけは、40代での転職ではTOEICのスコアを持っていたほうが良いと転職エージェントにアドバイスされたため
  • 紆余曲折を経て長年非正規雇用だったが、正社員を目指し40代で転職活動
  • 一応30代のころに海外(英語圏)でちょっと仕事したが、技術系の仕事なので英語ペラペラには程遠い
  • 正確に言うと45歳で受験しました

 

転職のためでなくても、TOEICのスコアが社内昇進で重要だったり、年収アップにつながるということでTOEIC受験を考えている40代の人は結構いると思います。
転職エージェントの方にも
「外資系でなく、一般の日本企業で40代でTOEICのスコアがこれくらいだったらそこそこ評価されるっていうのは何点くらいですかね〜?」
と尋ねてみたところ、
「730点以上でそれなりに英語でコミュニケーションがとれるので一定の評価はされますが、高い評価を受けるのはやっぱり800点以上ですかね」
との返事だったので、一応の目標として800点を目指すことに。

 

 

 

TOEICの勉強法についてはいろんなサイトで解説しています。
このページでも同じことの繰り返しになってしまってはつまらないですよね。

 

なので、「40代のTOEIC初受験で800点以上を取るためにどうしたのか?」という切り口からお話ししたいと思います。
40代と言えば仕事が忙しかったり、家庭でも何かといろいろあったりで自己啓発のための時間も思い通りに取ることが難しい年代ですよね。
私もそうでしたが、日々の生活の中でTOEICの勉強に使える時間は限られています。
その中でどうやって勉強したのか?

 

もちろん、時間の使い方とか、それまでの英語能力とか、人によって違いはありますので、私の経験が全ての人に当てはまるわけではありません。
ですが、これから受験する40代の方のために

 

 

私(40代男性)は、結構長い間非正規雇用で仕事をしていたのですが、転職活動のためにTOEICを受験することにしました。
30代のころ少し海外(英語圏)で仕事していたこともあり、転職エージェントの方に「TOEICの点数を持っていたほうが転職には絶対に有利ですよ〜」と勧められたというのもあります。

 

転職エージェントの方に
「外資系でなく、一般の日本企業で40代でTOEICのスコアがこれくらいだったらそこそこ評価されるっていうのは何点くらいですかね〜?」
と尋ねてみたところ、
「730点以上で一応英語でコミュニケーションがとれるというと感じですが、やっぱり評価されるのは800点以上ですね」
との返事だったので、一応の目標として800点を目指すことに。

 

受験した結果、850点と、目標を大きく超えることができました。
転職活動も多少紆余曲折はあったものの(40代なのでそもそもそんなに簡単ではない)、最終的には正社員として採用され、年収もアップしました。
これにはTOEICの効果少しはあったのではないかな、と思っています。

 

私のように転職のためではなくても、社内昇進や年収アップのためにTOEICのスコアが必要な40代の方も多いと思います。
ですが、40代と言えば仕事が忙しかったり、家庭でも何かといろいろあったりで自己啓発のための時間も思い通りに取ることが難しい年代だと思います。

 

 

手前味噌ですが、学生時代にTOEICの勉強をしたことがなく、初めての受験で800点を超えることができたのは

 

 

YoutubeでTOEICリスニング対策を無料で行う

リスニング対策で重要なのは、とにかく英語をたくさん聴いて英語耳になるということですが、
試験対策を考えた場合、それだけでは十分ではありません。

 

試験では問題に対して解答し、正解しなければなりません。
しかも、問題というのが結構細かいところを突いてくる場合も多く、会話を細かい部分もきちんと聞いて理解していないと答えられません。

 

会話を聞いて、
「だいたいこんなことをしゃべっているだな〜」
というザックリした理解では

 

 

 

私の場合、海外経験があったため、その分は英語でコミュニケーションを取ることに関しては一般に日本人よりも慣れていたというのはあります。
ですが、TOEICは試験です。
実地のコミュニケーションではなく、試験は試験のための対策が必要だと思います。
とくに、TOEICと実際の英語運用の違いは

 

 

 

TOEICは転職に有利なのか?
実際有利だと思います。
私の会社では社員のTOEICスコアが高得点であるほど年収が高くなる規定があります。
具体的には
・800点以上
・730点以上800点未満
・600点以上730点未満
・500点以上600点未満
の4ランクに分類されていて、800点を超えると最高ランクの位置づけです。
外資系でもありませんし、海外部門とかもありません。
どっちかというと国内指向の高い日本企業です。
それでも英語力は評価されます。

 

 

「非常にわかりやすい。これまで参考書で見てきた覚え方と違い、テスト対策として必要な説明にまとまっているので理解が深まる」

 

女性

 

(30代会社員女性)

 

「今まで、TOEICRの本やアプリをかなり探してきましたが、一つのアプリで全て網羅されてるすごいアプリだと思います。2年ほど探して出会った唯一のオススメアプリです。」

 

女性

 

(30代主婦)

 

「独学でだらだらと勉強してしまってる人、勉強方法がわからない人、文章を読んで理解するのが苦手な人、にオススメしたい。TOEICR学習にはかなりの額を費やしたし時間も費やしたけど挫折感を味わうばかりであまりスコアは伸びなかった。。そんな私のような人に勧めたいです。」

 

女性

 

(40代会社員女性)

 

「目からウロコのテクニックが盛り沢山。TOEICR対策として有効な講義だと思う。講義の内容が頭に記録されやすい。」